agsロゴ 東大ロゴ
Top page || 気候変動WGの紹介活動経緯COPとはイベント情報リンクEnglish CCWGをフォローしましょう

2006年度イベント情報

2006年度のイベント情報のお知らせです最終更新日:August 09, 2011

イベントトップ


COP12・MOP2

10月定例勉強会

合宿勉強会

8月勉強会

7月勉強会

6月勉強会

五月祭

◎COP12・MOP2◎

◎COP12・MOP2(2006年11月開催@ナイロビ)参加終了

COP12・COP/MOP2へ3名CCWG派遣しました。
開催期間:11月6日〜11月17日の2週間
国際交渉という実際の場で情報や見識を得るために事前勉強会を開催して臨みました。
        ご関心・ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
「COP参加報告会」を12月1日に開催し、30名弱の大勢の方に参加していただきました。

◎COP12・MOP2(2006年11月開催予定@ナイロビ)参加

COP12・COP/MOP2へCCWGからも3名の参加を予定しております。
11月6日〜11月17日の2週間開催されます。
国際交渉という実際の場で情報や見識を得るために事前勉強会を開催しております。
        ご関心・ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

◎10月定例勉強会 終了◎

日時:10月21日(土)
        タイトル:
『気候を決定する様々なプロセスについて:古気候からのアプローチ』
        内容:
観測記録から明らかになっている約12万年前の最終間氷期から現在における気候変動について考えられている原因、
フィードパックプロセスについて他者の論文、自分の研究結果を交えて気候変動のうちでも長期的、急激な変動について紹介する。

◎合宿勉強会 終了◎

9月23日24日(終了!@伊東)
1日目 14:00-17:00 勉強会(専門発表)
「問題解決における意思決定と構造化知識の学際的統合」
   19:30-23:00 COP関連ワークショップ
2日目 登山!

◎8月勉強会 終了◎

14名の方にご参加いただきました。ありがとうございます。
発表の方から、経済モデルと気候モデルからの海面上昇の影響評価についてご説明頂きました。
『地球温暖化の不確実性と海面上昇の経済学』

◎7月勉強会 終了◎

17名の方にご参加いただきました。ありがとうございます。
炭素循環という百万年単位で地球を観察するというスケールの大きさの中での海洋地殻の炭素塩岩の分析という位置付けを興味深く発表していただきました。
『海洋地殻の熱水変質によるCO2固定〜地球史から見た炭素循環』

◎6月勉強会 終了◎

20名の方にご参加いただきました。ありがとうございます。
興味深い議論が繰り広げられました。議事録はメンバーのページにアップ致しました。
「環境の変化、特に気候変動が感染症に与える影響」

◎五月祭◎

CCWGは、以下の企画を無事に終了いたしました。
  • 「DX交渉ゲーム 〜Another COP in 五月祭〜」
  • 「東大・気候変動学会 〜学生の描く鳥瞰図〜」
  • ポスター展示発表6枚