agsロゴ 東大ロゴ
Top page || 気候変動WGの紹介活動経緯COPとはイベント情報リンクEnglish CCWGをフォローしましょう

2008年度イベント情報

2008年度のイベント情報のお知らせです最終更新日:August 09, 2011

イベントトップ


6月定例勉強会

五月祭

4月定例勉強会

6月定例勉強会 終了

■発表者:安藤範親さん
東京農工大学大学院連合農学研究科
博士課程後期資源環境学専攻

タイトル「京都議定書における森林の取り扱いと課題およびその改善提案」

内容詳細:
"森林保護より農地拡大"
ブラジルでは、世界的な穀物価格の暴騰によって、食糧供給とエネルギー供 給という2つの価格インセンティブがもたらす影響から、熱帯雨林の破壊が止 まらない。個別対応型では解決できない地球温暖化抑止の難しさを象徴する 出来事だ。

"地球温暖化における森林の重要性"
化石燃料等から、年間60億トン強の排出に対し、年間10億トン前後の吸収と なる森林の役割は大きい。そのためCOPでは、森林等吸収源の取り扱いが 議論されてきた。そこでまず、京都議定書における森林の取り扱いをみる。 特に、各国の数値目標を達成するために導入された京都メカニズムにおける 吸収源CDMの内容とそれに関連する課題、主な論点を取り上げる。

"ポスト京都に向けて"
途上国支援に向けて基金の設立、インセンティブ付与等さまざまな議論がな されている。では、ポスト京都ではどうすれば気候変動抑止に向けた持続可 能な森林経営が行われるだろうか?その私見を述べる。

■五月祭の報告

■終了後,近辺のお店で懇親会を予定しています.

ご参加されます方は,CCWG代表の神戸
y_kambe*chemsys.t.u-tokyo.ac.jp
まで,ご連絡ください.(*を@して送信ください.)
当日の飛び入り参加も歓迎いたします. 多くのみなさまとお会いできることを楽しみにしております.

五月祭

☆東京大学五月祭 終了しました.☆

東京大学五月祭にて,「どうなる気候変動問題ーどうなの日本?」と題しまして年表や4月勉強会の結果などを展示いたしました.また,来場者のみなさまに,気候変動問題とその解決方法と私の興味をつないでいただくマッピングを行なっていただきました.
多くの方々にご来場いただき,盛況だったのではないかと思います.多くの方に私たちのWGを知っていただき,ありがとうございました.
さて,当日行なっていただきましたマインドマップの成果は,こちらのHPに掲示させていただこうと思います.今しばらくお待ちください.

☆東京大学五月祭 出展!☆

日時:2008年5月24日ー25日
場所:工学部1号館11講義室
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_02_j.html

タイトル:どうなる気候変動問題−どうなの日本?

内容:
 気候変動ワーキンググループの五月祭展示では,気候変動問題を知っていただくことおよび気候変動ワーキンググループを知っていただくことを主眼に展示物を構成いたしました.
展示物は大きく3つに分かれます.
・年表
・ポスターセッション〜気候変動問題とは,気候変動WGとは〜
・わたしと気候変動問題解決〜気候変動WGメンバーのマインドマップ〜

・年表
では,気候変動の解明,気候変動安定化に向けた国際的取り組み,世界の出来事の3つの軸で歴史をまとめ,そこから見えるものを議論していきたいと考えています.

・ポスターセッション〜気候変動問題とは,気候変動WGとは〜
では,気候変動問題の現状,影響と,それに対する対策に分けて気候変動問題をまとめました.その際に,気候変動WGのメンバーのそれぞれの専門分野を意識してポスターを作成頂きました.(昨年度の五月祭で使用したものを一部改良)
また,気候変動ワーキンググループの昨年度の活動をまとめたポスターを作製し展示してあります.

・わたしと気候変動問題解決
では,気候変動WGの4月勉強会で作成した個人のマインドマップを展示しています.これは,気候変動問題解決と私の興味や研究とを結びつけたマップとなっており,気候変動WGのメンバーがどんなことを考えているのか,ご来場のみなさまと似たような考えの方がいるかなどを見ていただければと思います.当日その場でマインドマップを作成し展示することも大歓迎です.スタッフにお声をいただければ,喜んでお手伝いさせていただきます.
また,この私と気候変動問題解決は,一枚の模造紙にまとめ,さらに当日の来場者の方の気候変動問題解決への思いを書き込むことで,今年度の五月祭で気候変動WGの展示をご覧になった方のマインドマップを作成することができればと思っています.

みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げております.当日お会いできることを楽しみにしております.

4月定例勉強会

◎4月定例勉強会 終了◎

日時:2008年4月21日
内容:今回の勉強会では,ワークショップ形式で 「気候変動問題解決」と「自分」、そして「日本(政府)」の3つが どのように関係しているかを図式化し 参加者間で、マップを共有を行ないました.
12名を超えるかたにご参加いただくことができ, さまざまな視点からの数多くのマインドマップを作成することができました.
ご参加頂きましたみなさまありがとうございました.
本マップは五月祭にて展示いたしますので,そちらにもご参加いただければと思います.

☆4月定例勉強会 開催!☆

日時:2008年4月21日月曜日17:30〜19:30
場所:工学部14号館429号室
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_15_j.html
内容:今回の勉強会では,ワークショップ形式で 「気候変動問題解決」と「自分」、そして「日本(政府)」の3つが どのように関係しているかを図式化し 参加者間で、マップを共有したいと思います。
(五月祭のメインコンテンツにと考えています.)

ご参加されます方は,CCWG代表の神戸
y_kambe*chemsys.t.u-tokyo.ac.jp
まで,ご連絡ください.(*を@して送信ください.)
当日の飛び入り参加も歓迎いたします. 多くのみなさまとお会いできることを楽しみにしております.