agsロゴ 東大ロゴ
Top page || 気候変動WGの紹介活動経緯COPとはイベント情報リンクEnglish CCWGをフォローしましょう

2010年度イベント情報

2010年度のイベント情報のお知らせです最終更新日:August 09, 2011

イベントトップ


COP10報告会/COP16事前報告会

7月勉強会

6月勉強会

五月祭

★COP10報告会/COP16事前報告会終了★

(English below [click here])

こんにちは。 CCWGに所属している佐藤慎一と申します。

この度は、「COP10報告会/COP16事前報告会」の開催をお知らせ致します。

CCWGでは、10/18~10/29の期間、愛知県名古屋市で開催されたCOP10(生物多様性条約・締約国会議)に5名の学生を派遣しました。
また、11/29~12/10の期間、メキシコのカンクンで開催されるCOP16(気候変動枠組み条約・締約国会議)にも、5名の学生を派遣する予定です。

そこで、今回はCOP10に参加したメンバーによる報告会と、これからCOP16に参加するメンバーの事前の報告会を行います。

「生物多様性、気候変動とは?両者はどのように関連しているのか?COP10はなぜ合意に至ったのか?COP16は合意に至るのか?」など、双方の問題を絡めて学生の視点から発表を行います。

---------------------------------------日程・場所--------------------------------------------
日程 : 11月14日(日) 13:00-15:00 (COP10)
           15:15-18:15 (COP16)
場所 : 本郷キャンパス 第二本部棟4F(詳細は後程御連絡します。)
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_06_05_j.html
*出入り自由です。
*発表は、日本語(一部英語)で行います。
---------------------------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------内容-------------------------------------------------
1. はじめに

2. COP10 報告会
  @生物多様性/COP10とは?
  A参加メンバーによる発表
    ・森林減少と森林劣化による排出の削減(REDD+)
    ・生物多様性と開発途上国
    ・遺伝子資源へのアクセスと利益配分(ABS)
    ・ポスト2010年目標(愛知ターゲット)
    ・COP10の成功について

3. COP16 事前報告会
  @気候変動枠組み条約(UNFCCC)の歴史
  A今日までの取り組み
  B参加メンバーの興味と目的

4. おわりに

*休憩を適宜はさみます。
------------------------------------------------------------------------------------------------------

---------------参加メンバー---------------
COP10
 ◎室屋 孟門   経済政策コース
 ・鈴木 香菜   化学システム専攻
 ・佐野 純平   経済政策コース
 ・小林 圭介   経営学科
 ・佐藤 慎一   環境システム学専攻

COP16
 ◎田麦 誠    国際協力学専攻
 ・Watanabe Osorio Juan Haruichi   サステナビリティ学専攻
 ・張 叡琳    国際協力学専攻
 ・竹前 由美子  国際協力学専攻
 ・佐藤 聖峰   複雑理工学専攻
 ・佐藤 慎一   環境システム学専攻
-------------------------------------------

参加希望の方、もしくは御質問のある方は、御手数ですが、下記アドレスまでまで御連絡ください。
(当日の参加もお待ちしております。)
メール:ccwg.ags.utsc☆gmail.com
(☆を@に直して送信してください)

本会合が、生物多様性・気候変動の点に関して皆様の御関心・御理解の手助けになれば幸いです。

皆様にお会いできることを楽しみにしております。


Dear all
This is Shinichi Sato, a member of CCWG.

We are happy to announce you the session about Biological Diversity and Climate Change
 "COP10 Reporting Session/COP16 Advanced Reporting Session"

We,CCWG, sent 5 students to COP10(Conference of the parties to the Convention Biological Diversity) held in Nagoya city, Aichi prefecture from Oct. 18th to Oct. 29th.
And, we'll send 5 students to COP16(Conference of the parties to the United Nations Framework Convention on Climate Change) held in cancun city, Mexico from Nov. 29th to Dec. 10th.

Therefore, this session includes Reporting Session by COP10 delegation members and Advanced Reporting Session by COP16 delegation members.
We're going to give you presentation relating COP10 with COP16 as students;
"What is Biological Diversity and Climate Change? How are both related? What made agreement in COP10? Agreement will be made or not in COP16?"


-----------------------------------------Date and Place--------------------------------------
Date : Nov.14th (Sun) 13:00-15:00 (COP10)
           15:15-18:15 (COP16)
Place: Daini-honbuTo 4F Hongo campus(I'll give you more details later on.)
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_06_05_j.html
*You can attend any part of this session.
*The presentation will be given in Japanese but some part in English.
----------------------------------------------------------------------------------------------

-----------------------------------------Contents--------------------------------------------
1. Opening

2. COP10 Reporting Session
 ・What is Biodiversity/COP10?
 ・Reduce Emission from Deforestation and Degradation forest(REDD+)
 ・Biodiversity and Developing Country
 ・Access and Benefit Sharing(ABS)
 ・Post 2010 Target(Aichi-Target)
 ・What made COP10 agreement?

3. COP16 Advanced Reporting Session
 ・The history flow of UNFCCC
 ・The activity of the CCWG until today.
 ・Member's interest and objective

4. Closing

*We have some break time properly.
-----------------------------------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------Delegation member--------------------------------
COP10
 ◎Taketo Muroya     Economic Policy Course
 ・Kana Suzuki      Department of Chemical System Engineering
 ・Jumpei Sano      Economic Policy Course
 ・Keisuke Kobayashi   Department of business administration
 ・Shinichi Sato     Department of Environment Systems

COP16
 ◎Makoto Tamugi     Department of International Studies
 ・Watanabe Osorio Juan Haruichi   Graduate Program in Sustainability Science
 ・Jang Elin       Department of International Studies
 ・Yumiko Takemae    Department of International Studies
 ・Kiyomine Sato     Department of Complexity Science and Engineering
 ・Shinichi Sato     Department of Environment Systems
------------------------------------------------------------------------------------------------

If you want to attend this session or you have any question, please contact to the E-mail adress bellow.
  E-mail:ccwg.ags.utsc☆gmail.com
  (Please change ☆ to @ and then send)

We hope this opportunity contributes you to enhance your interest and knowledge about Biological Diversity and Climate Change!

Sincerely,
Shinichi

★7月勉強会のおさそい★

(English below)
夏本番目前のこの頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

CCWG共同代表の田麦と申します。
本日はCCWGの7月勉強会のご案内をさせていただきたく、ご連絡差し上げました。

-------------日程&場所------------------
日時 7月30日(金) 18:00-19:30
場所 東京大学 本郷キャンパス 第二本部棟6階 演習室8
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_06_05_j.html
------------------------------------------
今回は温室効果ガスである二酸化炭素の地下貯留(CCS;Carbon Capture and Storage)について、理解を深めるための勉強会を行います。

今回はCCWGメンバーである
公共政策大学院 経済政策コース1年 室屋くん、
同じく公共政策大学院 経済政策コース1年 佐野くん
の2名に発表をしていだだきます。

------------------概要---------------------
1. 導入

2. CCSとは何か
 T. 研究の背景、導入の動機
 U. 分離吸収・輸送・貯留の方法
 V. 国内外の実施状況(意図、実験の内容、ステークホルダー)
 W. 技術の展望(日本政府の取り組み)

3. CCSにおけるコスト、リスク、課題
 T. 導入や運営にかかる費用
 U. 事故の発生、生態系への影響
 V. 法制度(海洋法、バウンダリー、補助金、CDM、排出量取引)
 W. 社会的受容性

4. まとめ
--------------------------------------------
発表は基本的に日本語で行いますが、適宜英語も使用いたします。

部屋の規模の都合で、事前に参加者の人数を把握させていただきたいと思います。
この勉強会への参加をご希望される場合には、
田麦(sirusi0715★wish.ocn.ne.jp) 【★→@】
までご連絡をお願いいたします。

それでは、皆様にお会いできるのを楽しみにしています。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
This is Makoto Tamugi, co-chair of CCWG.
We are happy to anounce you the Study Session in July.
-------------Day and Place------------------
Date : 30th (Fri) 18:00-19:30
Plasce: Seminer Room 8 Daiini-Honbu-to 6F Hongo Campus
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_06_05_j.html
-----------------------------------------------
For the propose of understanding Carbon Capture and Storage(CCS),
Mr Muyoya(1st, Economics course, Graduate School of Public Policy)and
Mr Sano(1st, Economics course, Graduate School of Public Policy)
talk about CCS.

The presentation will be given in Japanese but we will also use English properly.

If you want to partifcipate in this Study Session, Please send me a mail to
Makoto Tamugi(sirusi0715[at-sign]wish.ocn.ne.jp)

-------------------Contents--------------------
1. Guidance

2. Overview of CCS
 T. Purpose of developing CCS technology
 U. Technical overview of CCS
 V. Examples of demonstration experiments
 W. The technical road map in Japan

3. Costs, risks and problems on CCS
 T. Costs on introduction and administration
 U. Occurrence of accidents and effects to ecosystem
 V. Legal system(law of the sea, boundary, subsidy, CDM and emissions trading)
 W. Social acceptance
4. Conclusion
-------------------------------------------------

I hope this oppotunity contributes you to enhance your interest and knowledge about Climate Change!

CCWGのイベントにご参加ありがとうございました

COP16参加者募集終了

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
□■          UNFCCC COP16/MOP6          □■
Dec 5-11, 2010 in Cancun !
■□        Student Participants Wanted !!        ■□
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

"Do you want to witness the moment when the world changes?"
「歴史が作られるところを、見に行きませんか?」



★6月勉強会終了★

-------------日程&場所------------------
日時 6月27日(日) 15:00-16:30
場所 東京大学 本郷キャンパス 第二本部棟 4階 419号室【変更後】
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_06_05_j.html
------------------------------------------

 今回は「水素と原子力の今」と題し、原子力エネルギーや水素エネルギーに関する理解を深めるための勉強会を行います。
原子力ついてはSUS+代表の増田さん(東京大学大学院 工学系研究科 原子力国際専攻 M2)に、水素については坂本さん(東京大学大学院 新領域創成科学研究科 環境システム専攻 M2)に発表をしていだだきます。

-------------------概要--------------------
1. 導入(田麦)
 日本や気候変動政策にとっての水素と原子力の位置づけ なぜ原子力と水素か?
2. 水素(坂本さん)
 T 水素からどのように電力をつくるか
 U 水素利用の課題
 V 水素エネルギー研究の最先端では何が起こっているか
3. 原子力(増田さん)
 T 原子力からどのように電力をつくるか
 U 原子力利用の課題
 V 原子力エネルギー研究の最先端では何が起こっているか
 W 課題と展望
-------------------------------------------

発表は基本的に日本語で行いますが、適宜英語も使用いたします。

部屋の規模の都合で、事前に参加者の人数を把握させていただきたいと思います。
この勉強会への参加をご希望される場合には、
田麦(sirusi0715*wish.ocn.ne.jp)までご連絡をお願いいたします。(*を@して送信ください.)

それでは、皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

★五月祭のご来場ありがとうございました★


私たちCCWGは,AGS-UTSC(SUS+)として五月祭で企画を行います。

☆会場・日時
-----------------------------------------
5月29(土)、30(日)10 〜 17時
東京大学本郷キャンパス 法文1号館219号室
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_01_j.html
-----------------------------------------


『Platform for sustainability』

@サステイナビリティ体験型ワークショップ
A各ワーキンググループ・プロジェクトの活動報告・意見交換
Bサステイナビリティの研究紹介
 Sustainabilityに関する様々なテーマを、多様な学問分野の視点から学び研究する会を開催します。気候 変動、エネルギー、教育、地政学等のテーマのもとに、理系から文系まで幅広い専門分野から持続可能性について考える場を提供します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
@サステイナビリティ体験型ワークショップ
 来場者には展示を見た後、問題・課題となっていることで感じた事をポストイットに記してもらいます。
 それを所定の場所に張り問題の繋がりを一人一人が作り上げる事で、他の人の考えを知ると共に、自分の考えは何が「基」になっているのか考えることが出来れ ばと思っています。
 どのようなマップが出来るかは分かりませんが、“新しい発見”が生まれる事を期待しています!

Aワーキンググループ・プロジェクトの活動報告・意見交換
 気候変動・エネルギー・水がプレゼンテーションを行います。
  DAY29 11:00- Presentation + Climate Change
       13:30- Presentation + Water
  DAY30 11:00- Presentation + Energy
 各WGの活動や国際会議について、さらには他分野の研究にも触れる良い機会だと思いますので、是非時間の許す方はお越しいただければと思います。

Bサステイナビリティの研究紹介
 気候変動・エネルギー・水のそれぞれのワーキンググループがポスターセッションを行います。
 時間は時間内で常に公開しておりますので、お立ち寄り頂ければと思います。